週刊 戦艦大和を作る #9

外板や艦首・艦尾ブロックの大雑把な成形が終わった状態です。
c0040122_2357472.jpg

c0040122_0151951.jpg

まだ全体を均しただけです。かなりデコボコです。
この後、船体図を元にキチンと形を出していきます。

船体図はヤヌス氏の図面、モデルアート社の1/10大和本、学研・歴史群像の戦艦「大和・武蔵」
と三択できるのですが、
新しくて信頼できる情報は、学研・歴史群像の戦艦「大和・武蔵」のものでしょうかね。

まだ作業方向の詳細は決めていませんが、
とりあえず学研・歴史群像の戦艦「大和・武蔵」の船体図を参考にする予定です。

c0040122_023025.jpg

艦首バルバスバウもまだまだ荒削りで、
ナックルラインもボテッリした状態なので、
とても昭和期設計の高速戦艦には見えませんね。

c0040122_05928.jpg

艦尾の平坦部分はキットそのままなので、当然古い考証のままです。
最近の見解はここの平坦部分がほとんどないが主流なので、ここはかなり修正がいりそうです。

副舵付根のRもこれからですし、その両側にある微妙~な逆Rや、
そこの前の船底と船側をつなぐ鋭いナックルの成形もこれからです。
っていうかちゃんと成形できるんでしょうか。。。相当不安です。。。

とりあえずここまでは、面倒だったのでデアゴのインスト通りにやっているので、
尚更不安です。
まぁ、船体のラインを出すのには、、
パテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削って
パテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削って
パテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削って
になるのを覚悟しているのでいいのですがね。。

仕官用短艇収容部のレセスは両面で借り止めしてあるだけです。
ここのフチも薄くしないといけませんからね。

まだまだ先は長~~~~~~いです。
[PR]
# by zui_kaku | 2006-09-01 00:26 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #8

うほほ、、8ヵ月ぶりの更新です(爆)
多分、誰も見ていないのでいいのですが、
自分用記録っつーことで^^

とりあえず外板を貼り終えました。
c0040122_0303181.jpg

c0040122_031234.jpg

上が艦首側、下が艦尾ですな。って見ればわかりますね^^;

当初は仮くぎで固定しながら、木工用ボンドで行う予定でしたが、
外板をフレームに沿って曲げたり捻ったりしないといけなかったので、
結局全て瞬着で貼り付けました。
使用した瞬着は、接着力に信頼感のあるロックタイトのゼリー状を使いました。

外板に曲がり癖や捻れ癖を付けていて何度も外板を折りましたToT
段々やってるうちに大胆になり、何箇所かは折れた外板を瞬着でくっ付けて作業してしまいまいた。
水で濡らして曲げれば良いのですが、乾燥する最中に反るのが嫌だったので、
一切水無しだったので、余計にボキボキ折れました。

とはいえ、、
外板を貼った後、内側外側ともエポキシ接着剤でしっかりコーキングする予定があったので、
そういった荒業も使えた訳です。
↓ご覧のように、内側の部材の接着部分は全てコーキングしました。
c0040122_0372527.jpg


外板が全て揃ってから作業を始めたので、
下から上に貼っていきました。
3段ぐらい貼るごとに、後からヘラの入らなくなりそうな所は適宜コーキングしながら作業を進めました。
貼り方は、デアゴのステップ・バイ・ステップには従わず、
自分なりに効率が良い方法で貼りました。
故に、艦尾付近はデアゴのステップ・バイ・ステップの写真とはかなり違います。

↓画像は特に曲り&捻れがあって苦労した艦首と艦尾です。
c0040122_0411770.jpg

c0040122_0413538.jpg

内側からコーキングし辛かった艦首・艦尾は外側からコーキングしています。

これから外側をコーキングして表面を均していくわけですが、
大変な作業になりそうです。
とりあえず、ブロックがひとつ余分な設計ミスらしい艦尾ブロックは削ったのですが、
先はまだまだ長そうです。
c0040122_046267.jpg

[PR]
# by zui_kaku | 2006-08-30 00:50 | 戦艦大和

男たちの大和

c0040122_21235328.jpg

公開初日に観にいってきました。
とても良く出来ていました。

お涙頂戴の邦画戦争映画でもなく、
殊更に反戦を歌った映画でもなく、
生存者の方の証言をベースに、当時を描いた作風です。

もちろん映画である以上、
「戦争の悲惨さを後世に伝えていかなければ」という
製作者の意図はありますが、
そのあたりの表現はかなりドライです。

そもそも私の場合、
映画を見る前に事前情報を集めるのが嫌いなたちなので、
先入観なしで観にいったのですが、
やはり1/1セットの効果は相当なものがありました。

実際大和の巨大さは自分の目で見て乗ってみて初めて知れる。
そんな感慨が沸きました。

尾道セットは来年(平成18年)3月頃まで公開中とのこと。
なんとか時間を作って訪れてみたくなりました。

某サイトのレビューなんかを見ると、
主題歌のサビに敵性語を使うな馬鹿とか、
海軍軍人が長髪なのはおかしいとか、
米軍機の塗装が史実と違うだとか、
沖縄特攻に行ったのは大和だけじゃない。第二艦隊のフネが一隻も画面に出ないのは変とか、
武蔵の沈没をサラっと流しすぎだとか、

諸々と重箱の隅をつつくような小さな意見も見られましたが、
ミクロに拘りすぎることで全体像を見渡せず
グローバリズムを持てない島国根性的日本人を感じます。

こうした日本人が起こしたのがあの戦争であり、
現在の日本の外交下手に繋がっている。
そう思えて仕方がないのですな。

ともかく、他人の意見に左右される前に
自分の目で、心で映画を感じ取って欲しいと思うばかりです。
[PR]
# by zui_kaku | 2005-12-18 21:40 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #7

パソコンが壊れて修理に1ヵ月半が費やされたり、
そのせいでブログのパスワードがわからなくなったりして、
相当更新できませんでしたが、
それなりに組み立てを進めていました。

とりあえず艦橋に手を入れようかなぁと思ってはいたのですが、
それなりに手を入れるには資料が足りず、
結局ヤヌス氏の「戦艦大和・図面集」をゲット。

で、色々手順を考えていたのですが、
結局、船体からやっていくことに決めました。
やっぱり下から組み上げて基準やら土台がないとやりずらいんですな。

ということで、ある程度船体のパーツが揃う10号まで放置を決め込み、
10号到着と同時に船体を組みました。
とはいっても平らなところで組まないことには不安で仕方なかったので、
船首半分を組んだ後、船尾半分を組み付けました。
作業用に用意した作業台より大和の方がでかいので(笑)
こうするのがベターかなぁといった感じです。

c0040122_993660.jpg


画像は船首・船尾ブロックも取り付け済みですが、
艦首からの全景です。

んでこれが艦尾からの画像。
ピンボケですんません^^;

c0040122_9105188.jpg


んで、10号から先は2号分ごとに艦首・艦尾ブロックのパーツ割りだったので、
2号ごとに両ブロックを組んで船体に組み付けました。

各ブロックはブロック単体で一度組み立て、
R部分の削りだしをして船体に取り付けました。
もちろん船体取付時は慎重をきして、
水平儀や定規を利用してねじれや歪みやを極力補修しました。

まぁここまでの作業は全て接着に木工用ボンドを使っていたので、
ねじれやたり歪んだパーツは水で濡らした筆で簡単に修正できました。

とりあえず船体の基本構造が決まるまでは木工用ボンドで接着していけば、
巷間で囁かれるほど神経質にならなくてもよいようです。

大まかな船体の組み立て、
艦首・艦尾ブロックの接着時、
外板貼り作業前にキチンとチェックすればいい感じですかね。

最終的には外板を貼り終えてから船体内側構造をエポキシ接着剤で固める時に、
きっちりと修正すれば大体大丈夫っぽい感じです。

ただ、平らな板の上に置いて、
ガタガタするようであれば艦底部はある程度平らに均しておいたほうがよいようです。
私は一応均しておきました。

c0040122_9245387.jpg


時期的には艦首・艦尾ブロックの取り付け前に行いました。
で、両ブロックをつけたものがコレですね。

c0040122_9255852.jpg


c0040122_9261332.jpg


なんちゅ~かプラモは日常茶飯事にいじっているのですが、
木工はガキんちょの頃以来だったので、
木を貼ったり削ったりが妙に新鮮でオモロです。

モノがでかいだけに工作している気分もダイナミック(笑)
1/35AFV、1/48Air、1/700Vesselなんかを作ってるのとは
また違った面白みがあって新鮮です^^

さすがに1/250だと、組みあがった船体をボケーっと見ているだけでも、
「お、大和坂って結構急なんだなぁ」とか分かります。
ビッグスケールの良さはこういう所なんでしょうねぇ。
1/700だと「ここは大和坂と呼ばれててね」なんて説明しないとわかんないですからぁ、、、。
[PR]
# by zui_kaku | 2005-12-17 09:39 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #6

おたおたしている間に7号が到着してしまいました(~_~;)

ということで悩んでもいられないので、
主砲射撃指揮所に手を入れ始めました。
とりあえず、てっぺんにある潜望鏡式照準装置と
側面3箇所の双眼鏡格納箱のモールドを削り飛ばして
側面についたRを落としました。
射撃指揮所は円柱ですからね。

c0040122_545672.jpg
作業に使ったのは画像にある
新しく購入した鉄工用の複目ヤスリと荒削り用の鉄工ヤスリ&
タミヤのペーパー#180です。

余談ですが、この射撃指揮装置の上には一応手すりがあるのですが、
海上から約46メートルの高さなので殆ど登らなかったらしいです。
艦が5度傾くと4メートル振られるのだそうです(怖っ)
ちなみに地上46メートルというのは
スペースシャトルの燃料タンクの高さだそうです。
[PR]
# by zui_kaku | 2005-10-23 23:57 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #5

c0040122_2133243.jpg創刊号であった、2号パーツ混在の影響もあって、
作業が遅々として進まないうちに刊行も既に6号、、、。

_ρ゛ (・_;O) イジジイジしていてモテベダウンじゃあ仕方ないので、
資料を見たりどこに手を入れるかなんかを考えながら、
とりあえず防空指揮所のブルワークに手を入れました。
以前にもお伝えしましたが、
ようやっと思い通りの薄さに出来ました。

厚さ的には、旗流甲板のブルワークと同じぐらいで、
3号パーツの艦橋側面にある機銃射撃指揮装置付近のブルワークより
少し厚めといったところでしょうか。

最初の状態は全てのブルワークが防空指揮所前部の厚さだったのですから、
それを考えれば全然いい感じです。
ていうか、、前部ブルワークには穴があるんですが、
これはどうしよう???って感じです、、| 柱 |ヽ(-_-; )

おまけに、、試し盛りしたスタートパテは喰いつきが悪く、
ペーパーを掛けるとポロポロと剥がれる始末。。。
クオリティや保存を考えるとここはエポキシ系接着剤のデブコンがベストなのでしょうが、
色々な種類があってなにがいいのか分からないし、
結構高価なうえ手に入り辛いようなんですな、、。
一応DIYショップでその手のパテを探したのですがいい物は見つかりませんでした。
もう一度、カー用品店なんかで何かいいものを探す感じなのですが、
とりあえずワークスの「モリモリ」を試してみるつもりです。

何はともあれ、創刊号の正しいパーツも到着したので、
これからはマイペースで作業が出来そうです( ^∀^ )
[PR]
# by zui_kaku | 2005-10-20 23:18 | 戦艦大和

週間 戦艦大和を作る #4

c0040122_0314665.jpg
日曜日に3号が到着しましたので、
メタルパーツ分の作業を進めました。
とはいっても1~3号分をまとめてやりたいようにやった感じです。

まずは、艦橋再上部のブルワークがあまりにも分厚いので、
超硬バーで削ってみましたが、
なんにしても、この金属硬いもので、、難儀しました。
まだ目標の薄さの半分も削れていません。

この金属、恐らく亜鉛ダイキャストなのでしょうが、
熱が加わると粘りが出て切削性が非常に悪いです。
超硬バーだとすぐに目詰まりを起しました。
ですので、途中からバーをダイヤモンドに変えてみたのですが、
結果は一緒。・゚・(ノД`) 即効目詰まり起しました。

なので、3号のパーツのバリ取りには
色々なヤスリを試してみました。
その結果、創刊号に付いてきたヤスリが一番切削性がいいことが分かりました(゚∀゚)

で、その後#180のペーパで荒仕上げをして、
1~3号までのパーツでパテの必要そうな部分にパテ盛しました。

とりあえずパテも創刊号に付属してきたものを使ったのですが、
ヒケが酷いです。・゚・(ノД`)
だからといって無駄にするのも何なので、
この後ペーパーがけして上手く表面処理できるようなら、
使う場所を考えて使っていこうかと考えています。
結構使いやすい固さのペースト感なもので。

この辺までくると毎号ステップ・バイ・ステップ通りパーツを接着して
もしズレてしまうと、後からつけるパーツもズレルのがわかってきたので、
メタルパーツもある程度揃って来てから接着したほうがいい気がしてきました。

んで、下の画像は、手元にあった1/700大和との対比です。
面白そうだったので並べてみました(笑)

c0040122_0494764.jpg

で、、、船体の方なんですが、
こちらは一次停止です。

デアゴのオフィシャルサイトで既に発表されているのですが、
創刊号のパーツに間違ったものが入っていたものがあったらしく、
見事に私のはそれに的中してしまったものでヽ(τωヽ)ノ

ですので、とりあえず5号まで船体の製作はお預けです。
[PR]
# by zui_kaku | 2005-09-29 00:56

週間 戦艦大和を作る #3

c0040122_23455480.jpg
今日は製作レポートではなく資料のお話。
古本屋でゲットしてきました~!こんなの出てたんですね~。
知りませんでした。購入額800円。凄く得した気分です(笑)

1993年刊行:モデルアート9月臨時増刊号
「戦艦大和 スーパーイラストレイション」
定価:2,000円

資料や考証には写真・公式図面といった一次資料があれば一番望ましいのですが、
イラストも凄く役に立ちますね。

というのもこの本、1/10大和を制作した日本海軍艦艇模型保存会を立ち上げた
故河合登喜夫氏が触発を受けた、関西アマチュア軍艦模型作家集団「モデルネイビー」の会長・故亀井新氏と共に艦艇模型制作に明け暮れていた岡本好司氏作画の本なのですね。

内容はヤヌス・シコルスキー氏の「Super Battle Ship YAMATO」の作図に校正を入れて、約1年の歳月をかけて描き起こしたものだそうです。
竣工時、最終時の詳細、艦橋はもちろん艦尾カタパルト、
はては零式三座水偵などに至るまで、ほぼあますことなくイラスト・図面化してあります。
ありがたい限りです。

c0040122_2346920.jpg
でもって、先に触れた1/10大和を制作した日本海軍艦艇模型保存会が
製作した1/100大和模型の写真集がこれ↑
これも中古で買ったのでかなり安く入手しました(笑)

なんだか筆者には申し訳ない気がしますが、
模型作ってるだけでも結構お金がかかるので、
資料はなるべく安く入手したいんですね(笑)

まぁ資料的にはあとは、
ヤヌス氏の図面集1/10大和の写真集が手に入ればほぼ満足かなぁなんて。

学研の歴史群像の「大和型戦艦」「大和型戦艦2」も持っていますので
欲を言えば戦艦大和・武蔵 呉市海事歴史科学館図録
も欲しいのですが、あげつらえばきりがない気がしてきます(笑)

でもあんまり資料があると、
資料を調べるだけで頭がこんがらがってきちゃうんですね~。
資料を資料するなんて、、、なんともかんともですね(笑)
[PR]
# by zui_kaku | 2005-09-24 00:15 | 戦艦大和

週間 戦艦大和を作る #2

c0040122_11513.jpg2号が到着しました。
メタルパーツは砲塔と射撃指揮所です。

とりあえず砲塔のバリ取りと荒磨きをしています。
急遽購入したダイヤモンドの組みやすりのセットでガリゴリ、、。
タミヤのペーパー#180で全面ゴシゴシ、、。
同じくタミヤの#240でゴシゴシ、、ゴシゴシ、、。

疲れます&削り粉で痒いです(笑)
ていうかでかいです(嬉呆笑)

最終的には最低でも#600ないし#800までペーパーがけするつもりですが、
とりあえず#600までやって一度サフを吹いて様子を見ようかなぁと弱気です(笑)
砲塔はあと二個同じことしなきゃいかんですしねヾ(▽^;)ゞ
どちらにしても最初からゲートを処理し過ぎていて少し欠けてたり、
充填が不十分で凹んでいる部分はパテのお世話になるので、
あまり神経質にペーパーがけしても仕方ない気がします。

なにしろダイキャストという、あまり扱いなれていないものだけに
勝手が分かりません。。
とりあえずペーパーの届かないところは
スチールウール、真鍮ブラシ、クレンザーと歯ブラシで磨けそうなので、
無理にペーパーがけしてモールドが温くなることもなさそうなので
ひと安心なのですがね(・∀・)

まぁ、どちらにしてもダイキャストの場合、
細かなモールド部は、製造工程の問題で
プラ製品の用にシャープなエッジを出すことは無理なので、
その辺はあまり神経質にならない方がいいかなぁなんて、、、。

ていうか、最終的にどんな部品がくっ付くかの予想がつかないので、
どこをどこまで弄っていいものかの判断に困ります。。
一応改造も考えて超硬ドリルと超硬ビットを買ってはきたんですが、
どうしたものやら、、、。
ま、気長に行くしかないんでしょうね。

木製パーツの船体の貼り付け作業は終わってるんですが、
いま重石しているところなので画像はまたにでも。
[PR]
# by zui_kaku | 2005-09-23 01:25 | 戦艦大和

週間 戦艦大和を作る #1

c0040122_22452898.jpg

c0040122_236384.jpg
9/6日にデアゴスティーニから創刊された、
週間「戦艦 大和を作る」
を購入してしまいました、、、。

シリーズ刊行予定は今のところ90号までということで、
完成までにはなんと2年と10万円超の購読料が必要なのですが、、、
とりあえず創刊号は安いので購入してみました。

最近になって、大型模型&長期に渡る製作に挑戦したい私なので、
多分、、定期購読することになるのではと、、、。

とにかく今年は終戦60周年ということがあって、
私の中では日本軍機と大和の模型を完成させたいという気持ちがあり、
日本軍機は手がけているのですが、大和型戦艦の方は
手をつける目処すら立っていなかったので、
ある意味、渡りに舟だったわけですな。

まぁとりあえず創刊号のキットに手をつけてみたのですが、
ダイキャストゆえ、工作に時間がかかるのですな。
バリ取って接着して表面処理だけで普通に一日仕事になる感じです、、。

画像の状態はまだ簡単な表面処理だけでが、
ここまでくるだけで3時間ぐらいかかってます。。。
窓をくり抜いたりラッタルや手すりを追加しようものなら、、、、です。

まぁ、簡単に考えても完成まで4年~6年は必要かな?って感じです。。
でも出来上がった時の喜びは凄いだろうなぁと思うわけで。
ちと頑張ってみようかと思うわけです。
[PR]
# by zui_kaku | 2005-09-12 23:01 | 戦艦大和