カテゴリ:戦艦大和( 14 )

戦艦 大和の平面形を探る

今現在、大和の模型を作っているなんていう方は、
今年(2006年)米軍が撮影したという沖縄特攻数時間前の写真が発表されたことは
ご存知なのでしょうね。
無論、私もデアゴ大和を作っていますので、知っていました。

しかーし、、、出版物も含めて
鮮明で大きな写真がWebで見られることもなく、
多少大きな画像を手に入れるのがやっと、、。

でも、多少大きな画像であれ、せっかく画像を手に入れたので、
大和の平面形や最終時兵装を考察してみました。

とはいっても、、大した考察でもなく
自分好みのお遊びなんでけどね^^;

その画像がコレ。
c0040122_174479.jpg

とりあえず、1/700タミヤWL大和と並べて
アウトラインを取ってみました。
タミヤの大和のアウトラインはおおよそ正確なことが分かりますね。
弱冠艦首が細いかなぁといった程度で、
特別気になる程でもないようです。

大和艦首は小判のように扁平な形をしていることは
昔から有名なのですが、
今回発表された写真でもそれは本当に良く分かりますね。

二重丸◎の印の部分は最近は
25ミリ三連機銃は装備していなかったのではないか?
と考察されている箇所です。

ご覧のように確かに装備している感じはありませんね。

艦尾右側のカタパルトは舷側に向けられています。
これから艦載機を発艦させるのでしょうか?
エレベーター内に艦載機があるようにも、無い様にも見えます。
(私には艦載機の機影は無い用に見えます。)
でも、出撃時には艦載機なしとの通説がありますので、
艦載機を退艦させている時なのかもしれません。

ていうか、、大和の平面形を考察するなら
レイテ戦時に米軍が平面形を知るために撮影させたものが
一番参考になるらしいんですけどね、、、。
今回見つかったものは3番主砲ないし、2番副砲真上あたりの
ちょっと手前から撮っているっぽい、いわば斜めに写った写真ですしね。

ということで、、その写真も見てみたんですが、、、
確かに平面形だけ考察するなら
レイテ戦時の写真の方がベターな用です。

何はともあれ、今年は艦橋後部の各種ブルワークや装備品の図面や
長年不明だった信号所(旗甲板)のほぼ正確な図面も発表され、
最近また船体溶接要領の図面も発表されたので
大和ファンには良き年といえそうです。

自分はまだどちらの図面も確保していませんが、
お財布と相談してそのうちゲットしようかと、、。
船体溶接要領の図面は小さいサイズなので
別の出版物に載ってからかなぁなんて思っております。
[PR]
by zui_kaku | 2006-09-22 01:58 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #12

相変わらず艦橋をチマチマとやっています。
c0040122_23333013.jpg

1艦橋の床面となる部分をプラ板で閉じ、
各部にポリパテを盛ってペーパーがけ。

下部信号指揮所のブルワークを接着して、
2艦橋の段差をプラ板で表現しました。

遮風柵は実艦通り穴を開けておきました。
ここはこれからまだまだ加工する予定です。
c0040122_23381185.jpg

各部の窓の縦枠もこれから加工です。
何にしてもエッジをしっかり出すのに時間がかかっています。

角棒ヤスリをルーターのグラインダーで細くしてここまで仕上げましたが
まだまだシャープとは言えませんからね。
最終的にはカッターでコリコリやらないとダメかなぁ、、という感じです。
[PR]
by zui_kaku | 2006-09-12 23:41 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #11

今頃まだそんなとこやってんのかよ!!
なんて言わないでくださいな。。
ということで、今日は艦橋の状況をメモっておきます。
c0040122_2365368.jpg

とりあえず、当初切削性が悪いことで足踏みしていた
艦橋窓をくり貫いたり、間違った位置のものは空け直しをしました。
新しくゲットした無段変則ルーターの回転数を下げて超硬バーで削ると、
予想通り結構作業性が良かったのでさほど時間はかかっていません。

ダイキャストはアルミと同じように熱をもちやすく粘り強い性質なんでしょうね。
押す力7、回転数3ぐらいでやるといいようです^^
場所によってはルーター+超硬バーではなく金糸鋸を使いました。

で、一応最終状態にする予定なので、
撤去されていた1艦橋側面にある上部信号指揮所のモールドを切り取り、
開いてしまった穴にはエポパテを充填しておきました。
下部信号指揮所は片舷につき窓が3個あるので、
すべて開口しておきました。

で、キットのままでは再現されていない丸窓を資料と1/10大和の写真を見ながら
1.2ミリのドリルで開けました。まだ全てではありませんが、、。
新規に開けた穴と元からからある穴のモールド差が酷いので
後ほど修正する予定です。

あとは、元からあったモンキーラッタルや、
実感に貧しかった通風口を全て削り落しました。
[PR]
by zui_kaku | 2006-09-06 23:37 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #10

艦橋ベースを組み始めたました。
が、、、創刊号で艦橋を組んでみて、
これは相当苦労するだろうなぁ、、と思っていた通りです。
c0040122_21462968.jpg


現在(51号までで)組めるおおよそのパーツを組むとこうなりました。
黒マジックで印を付けてあるところが怪しい部分です。

とりあえず順番に改装時に増設された対空砲群から見てみると、
c0040122_21502268.jpg

随分違います。。。
参考にしたのは1/700フジミキットです。
考証的には一番新しいのですが、より正確を期すなら
学研・歴史群像「大和型戦艦2」の82ページの図が大変参考になります。

もっとも、この辺りは完成時には高角砲やら何やら色々つく部分なので、
見えなくなる部分もありますし、
一次資料の図面などが殆ど残っておらず、写真解析で考証されている部分なので、
今後新しい考証もある部分と言えますかね。

大まかに見て違う部分は、
1)増設された高角砲のベースは竣工時にあった高角砲のスポンソンを避ける切り欠きがあること。
2)後部の切り欠き部には通風塔があること。
などでしょうか。

c0040122_21575662.jpg

次に竣工時の高角砲甲板ですが、ここもかなり違います。

1)斜線部分には段差がないが正確な形状。
2)井の印のある部分は通風塔が付く部分。
段差は生じるが、通風塔の幅分の段差になるはず。
したがって、通風塔と下部艦橋ベースがつツラ位置になるのが正解。
かと思います。

2)に関してはもう少しリサーチしてみないことには正確なことは
いまひとつわかりませんが、どちらにしろ手直しが必要なことは確かなようです。

後部の電探室が乗っかる部分はあまりにパーツの合いが悪かったので
ひっくりかえしてR部分になるべく段差が出来ないように接着しました。
穴は後からエポパテかプラ板で塞ぎます。

フジミのキットは竣工時に装備された副砲の回転角確保のための切り欠きも表現されていますが、
ここは見えなくなるので無視でいいかなぁ、、と。

c0040122_229217.jpg

で、、艦橋前部最下部は赤印のように斜めになっているのが正解。
ここはタミヤ1/700が正確に形状を捉えているようです。
フジミのは、、、、、。
c0040122_2291675.jpg

でもって、後部艦橋最下部のR部分。
これもタミヤ1/700が正解でしょう。
従って手直しが必要かと。。

まぁ何にしてもデアゴ大和は大らかな上に考証が古いのは折込済みだったので、
別にいいのですがね、、、。
[PR]
by zui_kaku | 2006-09-03 22:13 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #9

外板や艦首・艦尾ブロックの大雑把な成形が終わった状態です。
c0040122_2357472.jpg

c0040122_0151951.jpg

まだ全体を均しただけです。かなりデコボコです。
この後、船体図を元にキチンと形を出していきます。

船体図はヤヌス氏の図面、モデルアート社の1/10大和本、学研・歴史群像の戦艦「大和・武蔵」
と三択できるのですが、
新しくて信頼できる情報は、学研・歴史群像の戦艦「大和・武蔵」のものでしょうかね。

まだ作業方向の詳細は決めていませんが、
とりあえず学研・歴史群像の戦艦「大和・武蔵」の船体図を参考にする予定です。

c0040122_023025.jpg

艦首バルバスバウもまだまだ荒削りで、
ナックルラインもボテッリした状態なので、
とても昭和期設計の高速戦艦には見えませんね。

c0040122_05928.jpg

艦尾の平坦部分はキットそのままなので、当然古い考証のままです。
最近の見解はここの平坦部分がほとんどないが主流なので、ここはかなり修正がいりそうです。

副舵付根のRもこれからですし、その両側にある微妙~な逆Rや、
そこの前の船底と船側をつなぐ鋭いナックルの成形もこれからです。
っていうかちゃんと成形できるんでしょうか。。。相当不安です。。。

とりあえずここまでは、面倒だったのでデアゴのインスト通りにやっているので、
尚更不安です。
まぁ、船体のラインを出すのには、、
パテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削って
パテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削って
パテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削ってパテ盛って削って
になるのを覚悟しているのでいいのですがね。。

仕官用短艇収容部のレセスは両面で借り止めしてあるだけです。
ここのフチも薄くしないといけませんからね。

まだまだ先は長~~~~~~いです。
[PR]
by zui_kaku | 2006-09-01 00:26 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #8

うほほ、、8ヵ月ぶりの更新です(爆)
多分、誰も見ていないのでいいのですが、
自分用記録っつーことで^^

とりあえず外板を貼り終えました。
c0040122_0303181.jpg

c0040122_031234.jpg

上が艦首側、下が艦尾ですな。って見ればわかりますね^^;

当初は仮くぎで固定しながら、木工用ボンドで行う予定でしたが、
外板をフレームに沿って曲げたり捻ったりしないといけなかったので、
結局全て瞬着で貼り付けました。
使用した瞬着は、接着力に信頼感のあるロックタイトのゼリー状を使いました。

外板に曲がり癖や捻れ癖を付けていて何度も外板を折りましたToT
段々やってるうちに大胆になり、何箇所かは折れた外板を瞬着でくっ付けて作業してしまいまいた。
水で濡らして曲げれば良いのですが、乾燥する最中に反るのが嫌だったので、
一切水無しだったので、余計にボキボキ折れました。

とはいえ、、
外板を貼った後、内側外側ともエポキシ接着剤でしっかりコーキングする予定があったので、
そういった荒業も使えた訳です。
↓ご覧のように、内側の部材の接着部分は全てコーキングしました。
c0040122_0372527.jpg


外板が全て揃ってから作業を始めたので、
下から上に貼っていきました。
3段ぐらい貼るごとに、後からヘラの入らなくなりそうな所は適宜コーキングしながら作業を進めました。
貼り方は、デアゴのステップ・バイ・ステップには従わず、
自分なりに効率が良い方法で貼りました。
故に、艦尾付近はデアゴのステップ・バイ・ステップの写真とはかなり違います。

↓画像は特に曲り&捻れがあって苦労した艦首と艦尾です。
c0040122_0411770.jpg

c0040122_0413538.jpg

内側からコーキングし辛かった艦首・艦尾は外側からコーキングしています。

これから外側をコーキングして表面を均していくわけですが、
大変な作業になりそうです。
とりあえず、ブロックがひとつ余分な設計ミスらしい艦尾ブロックは削ったのですが、
先はまだまだ長そうです。
c0040122_046267.jpg

[PR]
by zui_kaku | 2006-08-30 00:50 | 戦艦大和

男たちの大和

c0040122_21235328.jpg

公開初日に観にいってきました。
とても良く出来ていました。

お涙頂戴の邦画戦争映画でもなく、
殊更に反戦を歌った映画でもなく、
生存者の方の証言をベースに、当時を描いた作風です。

もちろん映画である以上、
「戦争の悲惨さを後世に伝えていかなければ」という
製作者の意図はありますが、
そのあたりの表現はかなりドライです。

そもそも私の場合、
映画を見る前に事前情報を集めるのが嫌いなたちなので、
先入観なしで観にいったのですが、
やはり1/1セットの効果は相当なものがありました。

実際大和の巨大さは自分の目で見て乗ってみて初めて知れる。
そんな感慨が沸きました。

尾道セットは来年(平成18年)3月頃まで公開中とのこと。
なんとか時間を作って訪れてみたくなりました。

某サイトのレビューなんかを見ると、
主題歌のサビに敵性語を使うな馬鹿とか、
海軍軍人が長髪なのはおかしいとか、
米軍機の塗装が史実と違うだとか、
沖縄特攻に行ったのは大和だけじゃない。第二艦隊のフネが一隻も画面に出ないのは変とか、
武蔵の沈没をサラっと流しすぎだとか、

諸々と重箱の隅をつつくような小さな意見も見られましたが、
ミクロに拘りすぎることで全体像を見渡せず
グローバリズムを持てない島国根性的日本人を感じます。

こうした日本人が起こしたのがあの戦争であり、
現在の日本の外交下手に繋がっている。
そう思えて仕方がないのですな。

ともかく、他人の意見に左右される前に
自分の目で、心で映画を感じ取って欲しいと思うばかりです。
[PR]
by zui_kaku | 2005-12-18 21:40 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #7

パソコンが壊れて修理に1ヵ月半が費やされたり、
そのせいでブログのパスワードがわからなくなったりして、
相当更新できませんでしたが、
それなりに組み立てを進めていました。

とりあえず艦橋に手を入れようかなぁと思ってはいたのですが、
それなりに手を入れるには資料が足りず、
結局ヤヌス氏の「戦艦大和・図面集」をゲット。

で、色々手順を考えていたのですが、
結局、船体からやっていくことに決めました。
やっぱり下から組み上げて基準やら土台がないとやりずらいんですな。

ということで、ある程度船体のパーツが揃う10号まで放置を決め込み、
10号到着と同時に船体を組みました。
とはいっても平らなところで組まないことには不安で仕方なかったので、
船首半分を組んだ後、船尾半分を組み付けました。
作業用に用意した作業台より大和の方がでかいので(笑)
こうするのがベターかなぁといった感じです。

c0040122_993660.jpg


画像は船首・船尾ブロックも取り付け済みですが、
艦首からの全景です。

んでこれが艦尾からの画像。
ピンボケですんません^^;

c0040122_9105188.jpg


んで、10号から先は2号分ごとに艦首・艦尾ブロックのパーツ割りだったので、
2号ごとに両ブロックを組んで船体に組み付けました。

各ブロックはブロック単体で一度組み立て、
R部分の削りだしをして船体に取り付けました。
もちろん船体取付時は慎重をきして、
水平儀や定規を利用してねじれや歪みやを極力補修しました。

まぁここまでの作業は全て接着に木工用ボンドを使っていたので、
ねじれやたり歪んだパーツは水で濡らした筆で簡単に修正できました。

とりあえず船体の基本構造が決まるまでは木工用ボンドで接着していけば、
巷間で囁かれるほど神経質にならなくてもよいようです。

大まかな船体の組み立て、
艦首・艦尾ブロックの接着時、
外板貼り作業前にキチンとチェックすればいい感じですかね。

最終的には外板を貼り終えてから船体内側構造をエポキシ接着剤で固める時に、
きっちりと修正すれば大体大丈夫っぽい感じです。

ただ、平らな板の上に置いて、
ガタガタするようであれば艦底部はある程度平らに均しておいたほうがよいようです。
私は一応均しておきました。

c0040122_9245387.jpg


時期的には艦首・艦尾ブロックの取り付け前に行いました。
で、両ブロックをつけたものがコレですね。

c0040122_9255852.jpg


c0040122_9261332.jpg


なんちゅ~かプラモは日常茶飯事にいじっているのですが、
木工はガキんちょの頃以来だったので、
木を貼ったり削ったりが妙に新鮮でオモロです。

モノがでかいだけに工作している気分もダイナミック(笑)
1/35AFV、1/48Air、1/700Vesselなんかを作ってるのとは
また違った面白みがあって新鮮です^^

さすがに1/250だと、組みあがった船体をボケーっと見ているだけでも、
「お、大和坂って結構急なんだなぁ」とか分かります。
ビッグスケールの良さはこういう所なんでしょうねぇ。
1/700だと「ここは大和坂と呼ばれててね」なんて説明しないとわかんないですからぁ、、、。
[PR]
by zui_kaku | 2005-12-17 09:39 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #6

おたおたしている間に7号が到着してしまいました(~_~;)

ということで悩んでもいられないので、
主砲射撃指揮所に手を入れ始めました。
とりあえず、てっぺんにある潜望鏡式照準装置と
側面3箇所の双眼鏡格納箱のモールドを削り飛ばして
側面についたRを落としました。
射撃指揮所は円柱ですからね。

c0040122_545672.jpg
作業に使ったのは画像にある
新しく購入した鉄工用の複目ヤスリと荒削り用の鉄工ヤスリ&
タミヤのペーパー#180です。

余談ですが、この射撃指揮装置の上には一応手すりがあるのですが、
海上から約46メートルの高さなので殆ど登らなかったらしいです。
艦が5度傾くと4メートル振られるのだそうです(怖っ)
ちなみに地上46メートルというのは
スペースシャトルの燃料タンクの高さだそうです。
[PR]
by zui_kaku | 2005-10-23 23:57 | 戦艦大和

週刊 戦艦大和を作る #5

c0040122_2133243.jpg創刊号であった、2号パーツ混在の影響もあって、
作業が遅々として進まないうちに刊行も既に6号、、、。

_ρ゛ (・_;O) イジジイジしていてモテベダウンじゃあ仕方ないので、
資料を見たりどこに手を入れるかなんかを考えながら、
とりあえず防空指揮所のブルワークに手を入れました。
以前にもお伝えしましたが、
ようやっと思い通りの薄さに出来ました。

厚さ的には、旗流甲板のブルワークと同じぐらいで、
3号パーツの艦橋側面にある機銃射撃指揮装置付近のブルワークより
少し厚めといったところでしょうか。

最初の状態は全てのブルワークが防空指揮所前部の厚さだったのですから、
それを考えれば全然いい感じです。
ていうか、、前部ブルワークには穴があるんですが、
これはどうしよう???って感じです、、| 柱 |ヽ(-_-; )

おまけに、、試し盛りしたスタートパテは喰いつきが悪く、
ペーパーを掛けるとポロポロと剥がれる始末。。。
クオリティや保存を考えるとここはエポキシ系接着剤のデブコンがベストなのでしょうが、
色々な種類があってなにがいいのか分からないし、
結構高価なうえ手に入り辛いようなんですな、、。
一応DIYショップでその手のパテを探したのですがいい物は見つかりませんでした。
もう一度、カー用品店なんかで何かいいものを探す感じなのですが、
とりあえずワークスの「モリモリ」を試してみるつもりです。

何はともあれ、創刊号の正しいパーツも到着したので、
これからはマイペースで作業が出来そうです( ^∀^ )
[PR]
by zui_kaku | 2005-10-20 23:18 | 戦艦大和