2005年 09月 29日 ( 1 )

週間 戦艦大和を作る #4

c0040122_0314665.jpg
日曜日に3号が到着しましたので、
メタルパーツ分の作業を進めました。
とはいっても1~3号分をまとめてやりたいようにやった感じです。

まずは、艦橋再上部のブルワークがあまりにも分厚いので、
超硬バーで削ってみましたが、
なんにしても、この金属硬いもので、、難儀しました。
まだ目標の薄さの半分も削れていません。

この金属、恐らく亜鉛ダイキャストなのでしょうが、
熱が加わると粘りが出て切削性が非常に悪いです。
超硬バーだとすぐに目詰まりを起しました。
ですので、途中からバーをダイヤモンドに変えてみたのですが、
結果は一緒。・゚・(ノД`) 即効目詰まり起しました。

なので、3号のパーツのバリ取りには
色々なヤスリを試してみました。
その結果、創刊号に付いてきたヤスリが一番切削性がいいことが分かりました(゚∀゚)

で、その後#180のペーパで荒仕上げをして、
1~3号までのパーツでパテの必要そうな部分にパテ盛しました。

とりあえずパテも創刊号に付属してきたものを使ったのですが、
ヒケが酷いです。・゚・(ノД`)
だからといって無駄にするのも何なので、
この後ペーパーがけして上手く表面処理できるようなら、
使う場所を考えて使っていこうかと考えています。
結構使いやすい固さのペースト感なもので。

この辺までくると毎号ステップ・バイ・ステップ通りパーツを接着して
もしズレてしまうと、後からつけるパーツもズレルのがわかってきたので、
メタルパーツもある程度揃って来てから接着したほうがいい気がしてきました。

んで、下の画像は、手元にあった1/700大和との対比です。
面白そうだったので並べてみました(笑)

c0040122_0494764.jpg

で、、、船体の方なんですが、
こちらは一次停止です。

デアゴのオフィシャルサイトで既に発表されているのですが、
創刊号のパーツに間違ったものが入っていたものがあったらしく、
見事に私のはそれに的中してしまったものでヽ(τωヽ)ノ

ですので、とりあえず5号まで船体の製作はお預けです。
[PR]
by zui_kaku | 2005-09-29 00:56