戦艦 大和の平面形を探る

今現在、大和の模型を作っているなんていう方は、
今年(2006年)米軍が撮影したという沖縄特攻数時間前の写真が発表されたことは
ご存知なのでしょうね。
無論、私もデアゴ大和を作っていますので、知っていました。

しかーし、、、出版物も含めて
鮮明で大きな写真がWebで見られることもなく、
多少大きな画像を手に入れるのがやっと、、。

でも、多少大きな画像であれ、せっかく画像を手に入れたので、
大和の平面形や最終時兵装を考察してみました。

とはいっても、、大した考察でもなく
自分好みのお遊びなんでけどね^^;

その画像がコレ。
c0040122_174479.jpg

とりあえず、1/700タミヤWL大和と並べて
アウトラインを取ってみました。
タミヤの大和のアウトラインはおおよそ正確なことが分かりますね。
弱冠艦首が細いかなぁといった程度で、
特別気になる程でもないようです。

大和艦首は小判のように扁平な形をしていることは
昔から有名なのですが、
今回発表された写真でもそれは本当に良く分かりますね。

二重丸◎の印の部分は最近は
25ミリ三連機銃は装備していなかったのではないか?
と考察されている箇所です。

ご覧のように確かに装備している感じはありませんね。

艦尾右側のカタパルトは舷側に向けられています。
これから艦載機を発艦させるのでしょうか?
エレベーター内に艦載機があるようにも、無い様にも見えます。
(私には艦載機の機影は無い用に見えます。)
でも、出撃時には艦載機なしとの通説がありますので、
艦載機を退艦させている時なのかもしれません。

ていうか、、大和の平面形を考察するなら
レイテ戦時に米軍が平面形を知るために撮影させたものが
一番参考になるらしいんですけどね、、、。
今回見つかったものは3番主砲ないし、2番副砲真上あたりの
ちょっと手前から撮っているっぽい、いわば斜めに写った写真ですしね。

ということで、、その写真も見てみたんですが、、、
確かに平面形だけ考察するなら
レイテ戦時の写真の方がベターな用です。

何はともあれ、今年は艦橋後部の各種ブルワークや装備品の図面や
長年不明だった信号所(旗甲板)のほぼ正確な図面も発表され、
最近また船体溶接要領の図面も発表されたので
大和ファンには良き年といえそうです。

自分はまだどちらの図面も確保していませんが、
お財布と相談してそのうちゲットしようかと、、。
船体溶接要領の図面は小さいサイズなので
別の出版物に載ってからかなぁなんて思っております。
[PR]
by zui_kaku | 2006-09-22 01:58 | 戦艦大和
<< ニチモ30センチシリーズ「長門... まったくよー >>